家庭菜園でゴーヤ栽培・緑のカーテンに挑戦!

ゴーヤ栽培 苦土石灰 家庭菜園

ゴーヤは栄養豊富なのはもちろん、ゴーヤを育てるとそのグリーンカーテンで真夏の暑さ対策にもなります。そのため我が家では毎年ゴーヤ栽培をしています。

ゴーヤは狭い庭やプランターでもできて、手入れも簡単なので家庭菜園初心者でも手を出しやすいと思います。私も家庭菜園は初心者ですが、ここ数年無事にゴーヤをたくさん育てることに成功しています。

今年は成功するかわかりませんが、ゴーヤ栽培の様子をレポートしていきます。ゴーヤ栽培の参考にしてくださいね。

土の準備(苦土石灰で土を耕す)

ゴーヤの苗を植える1~2週間前に『苦土石灰(くどせっかい)』をまいて土を耕しておきます。

実施日:2019年4月23日

苦土石灰は、炭酸カルシウムと酸化マグネシウムが主成分の肥料で、酸性の土壌の中和させ、アルカリ性側に傾かせる働きがあります。また、土への栄養補給にもなります。

ゴーヤは酸性の土を嫌うので、ときどき苦土石灰などを与えて土を中和させるとよいらしいです。

苦土石灰は1kg150円位で販売されています。安いですね!
ゴーヤ栽培

今回は粒状の苦土石灰を使いました。粉末状のもあります。
ゴーヤ栽培 苦土石灰

1㎡あたり120~160gを土にパラパラとまいて混ぜ合わせます。
ゴーヤ栽培 苦土石灰

これで土の準備が完了。こんな感じの狭い庭の一角で家庭菜園を行います。
ゴーヤ栽培 苦土石灰

こちらの動画に初心者向けのゴーヤの育て方が紹介されています。

苗を購入して植える

ゴーヤは種から育てる人もいますが、初心者は苗を購入して土に埋めるのが簡単です。

苗の購入

ゴーヤの苗は4月~5月頃にホームセンター、園芸店、農協などで買うことができます。

我が家では近くの農協でゴーヤの苗を7鉢購入しました。1株300円だったので合計2,100円でした。自転車だと持ってくるのが結構大変でした。苗は楽天市場でも売られているので来年からは楽天で買おうと思っています。

苗は「接木の苗」を購入しました。接木の苗は少し値段が高いですが、生育しやすいので初心者は接木苗がおすすめです!

昨年は1つのゴーヤの苗からゴーヤが10~15個収獲できました。緑のカーテンの目的もあるため、我が家では7苗も購入しましたが、すべて順調に育つとゴーヤが食べきれないほどできますよ(100個前後)。

こちらが通販で人気のゴーヤの苗を販売しているショップです↓

7月まで販売しているので近所で苗を販売しているお店が見つからないという人はチェックしてみてください!

苗を植える

実施日:2019年5月5日

苗を土に植えて、その横に支柱をさします。
ゴーヤ栽培 苦土石灰

訳50cm間隔でゴーヤの苗を植えていきます。
ゴーヤ栽培 苦土石灰

こんな感じになりました。手前がゴーヤ7株、その奥にキュウリ4株を植えました。
ゴーヤ栽培 苦土石灰

ネットを張る

実施日:2019年5月18日

苗を植えてから約2週間が立ち、つるが伸び始めてきました。
ゴーヤ栽培

ツルが伸び始めたらネットを張ります。ネットの張り方にはいろいろな方法がありますが、我が家の方法は以下の通りです。

花壇から支柱を2本組み合わせてベランダ(写真右)に固定し、さらに水平に支柱を2本固定し、ベランダからネットを張ります。
ゴーヤ栽培

ベランダから下を撮影したところです。
ゴーヤ栽培

ネットは100均で売っている園芸用ネットを使いました(昨年の使い古し)。

ゴーヤの摘芯

ゴーヤの葉っぱが6枚くらいになったら、親づる(真ん中の太い茎)を摘芯(切り落とす)します。摘芯しなくても育つらしいですが、摘芯をしないと横につるが伸びずに緑のカーテンにならずに緑のラインになってしまうようです。

こちらの動画で摘芯について説明しています。

ゴーヤの生育状況・収穫

随時更新していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました