ミニトマトの袋栽培に挑戦!

ミニトマトの袋栽培に挑戦! 家庭菜園

毎年5月頃にプランターでミニトマトを栽培していましたが、今年は培養土の袋にミニトマトを植える袋栽培に初挑戦です。

途中経過は随時更新中です!

培養土を準備する

ミニトマトの袋栽培用の培養土も売っていますが、今回私が購入したのは通常の野菜栽培用の培養土。根腐れ防止剤などが入っているので、特に何も加えなくてもすぐに使えます。

15リットルの培養土。楽天市場で購入しました。
ミニトマト栽培

>>【送料無料】米沢園芸オリジナル 花と野菜の土

土は重いので、車がない場合は通販で買うのが楽ですね!

ミニトマトの苗を準備する

ミニトマトの苗はホームセンター、園芸店、農協、通販などで買うことができます。

ピアベリーという種類のミニトマトの苗を農協で購入しました。1苗180円でした。ミニトマトは1苗から100個位できるので、かなりコストパフォーマンスが高いです。

ミニトマトの苗

苗は楽天市場やアマゾンでも購入できます。送料がかかりますが、家の近くで見つからない場合は通販を利用すると便利ですね。

培養土袋にミニトマトの苗を植える

実施日:2019年5月7日

培養土が入っている袋の底にドライバーで穴をあけます。だいたい8か所位。

袋の上部をはさみで切って、袋をあけます。
培養土

培養土に苗を植える穴をあけます。
ミニトマトの袋栽培に挑戦!

苗をポットから取り出して、穴に植えつけます。
ミニトマトの袋栽培に挑戦!

こんな感じで袋にミニトマトの苗を植えました。
ミニトマトの袋栽培に挑戦!

最後に支柱を立てて、水を与えて、完成。

(日々やること)
・よく日に当てて、水やりをする(葉がしぼんでいる状態が水のやりどき)
・月に一回追肥(収穫量アップ)
・脇芽とり(脇芽かき):茎の根元から生える「脇芽」を手で取る作業。脇芽をとることでしっかりと1本立ちになって生育していき、たくさん収穫できる。

ミニトマトの脇芽とり(わきめとり)のやりかた

こちらの動画がわかりやすいです。

去年までは脇芽とりをしないでミニトマトを育てていました。それでも普通にミニトマトがたくさん実っていました。今年はきちんとわき芽とりをしていきます。

約10日経過後(2019年5月18日)

苗を植えてから約10日が過ぎました。
ミニトマト栽培

今のところ順調に生育しています。

追肥(ついひ)

市販の培養土には予め肥料が入っていますが、追肥する必要があります。ミニトマトの場合、最初の追肥はトマトの実ができ始めたとき。それ以降は2週間に一度のペースで追肥をしていけばよいとのこと。(NHKテレビの趣味の園芸での解説より)

(随時アップしていく予定です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました