【2021年】キュウリ プランター栽培の成長記録

家庭菜園

きゅうりの家庭菜園も今年も始めました。去年までは庭に地植え栽培していましたが、病気などで収穫量がイマイチでした。今年はプランター栽培に初挑戦です!

1苗から50本収穫するのが目標です!

苗の購入~植え付け(5月7日)

5/7にきゅうりの苗を1個購入しました。

夏すずみという品種です。きゅうりは病気にかかりやすいので、値段が少し高いですが、接木苗を購入しました。農協で360円でした。

販売されている苗には、実生苗(みしょうなえ)接ぎ木苗(つぎきなえ)があります。値段は接木苗のほうが約2倍高いですが、接ぎ木苗は病気に強く収穫量も多くなります。

翌日にプランターに植え付けました。

プランターには鉢底石を敷いて、培養土を入れました。

右がきゅうり、左はミニトマト

うどんこ病の処置(5月23日)

葉っぱの一部が白い粉が吹いたようになりました。

調べたら、うどん粉病によく似ているのでうどん粉病の対応をしました。

うどん粉病は早めの処置が重要だそうです!

こちらの動画に家庭菜園でのうどん粉病にはカリグリーンという薬剤が有効だと紹介されていたので、アマゾンで取り寄せてすぐに処置をしました。

うどん粉病を治療する 手軽にできる防除のやり方 20/7/9

10袋入りです。1袋を1Lの水で溶いて、霧吹きで葉っぱに噴霧します。溶いてしまうと日持ちしないので、半分量でやりました。

カリグリーン噴霧後は白い粉状のものは気にならないレベルになり、うどん粉病は悪化していません。しばらく様子見したいと思います。

5節目までの脇芽をかき取る(5月27日)

5節目までの脇芽、花はすべてかきとるのがきゅうり栽培の基本のようです。

小さなキュウリがいくつかできていてもったいないと思いましたが、取ったほうがのちのちよいので、思い切ってすべて取りました。

▼こちらの動画でやり方が紹介されています

キュウリの整枝について 2/2 実践編

下の部分をすっきりさせておいたほうが病気にもかかりにくいそうです。

小さなキュウリがいつくか出来ています。

今のところ順調です。

(このページは成長に合わせて順次更新予定です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました