Youtube始めました。チャンネル登録お願いします♪ >>
ショップジャパン年末大セール【MAX75%OFF】開催中!

キッチン・掃除・美容・寝具など人気商品が最大75%割引のチャンスです。
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

酵素・栄養たっぷりのコールドプレスジュースはヒューロム スロージューサーがおすすめ!

ヒューロムスロージューサーH2Y キッチン家電

スロージューサーは野菜や果物の栄養成分を壊さず、栄養や酵素がたっぷり入った美味しい『コールドプレスジュース』を作ることができます。最近は健康や美容のためにコールドプレスジュースを飲む人が増えていますね。

本記事では世界的に有名で圧倒的な人気を誇るジューサーの老舗メーカーHUROM(ヒューロム社)のスロージューサーについて解説します。

ジューサーとミキサーの違い

野菜やフルーツからジュースを作るという点ではジューサーもミキサーも同じですが、「分離させるかどうか」という点でジューサーとミキサーは大きく異なります。

ミキサー:刃で粉砕

ミキサー(海外ではブレンダーと呼ばれている)は野菜や果物を「刃物で粉々にしてかき混ぜるもの」です。水などの液体を加えて手軽にスムージー、ジュース、離乳食などを簡単に作ることができ、食物繊維をそのまま摂取することができます。

▼典型的なミキサーのイラスト
ミキサー

ミキサーは構造がシンプルで部品も少ないため、ジューサよりもお手入れが簡単です。しかし、高速回転の刃で粉々に混ぜるので、酵素や栄養成分が破壊されやくなります。そのため、酵素や栄養成分の摂取が目的でジュースを作る場合には、ミキサーよりもジューサーが適しています

ジューサー:圧搾して繊維と水分に分離

ジューサーはミキサーのように刃を使って砕くのではなく、刃を使わずに石臼のようなスクリューでゆっくりと圧縮してつぶしながら絞るため、栄養成分が破壊されにくく、たくさんの栄養や酵素が入ったジュースを作ることができます。そのため、健康や美容のためにはジューサーがおすすめです!

▼ジューサーで搾りかす(繊維)と液体(ジュース)に分離。搾りかすはカレーやハンバーグなどの料理に入れて二次利用できます。
ヒューロムスロージューサーH2Y

ジューサーは野菜やフルーツを「繊維と水分に分離させる」ことができるので、野菜や果物の素材だけ(果汁100%)のさらっとしたジュースになります。ミキサーで作ったものに比べると舌触りがさらっとして美味しいジュースができます。

高速ジューサーと低速ジューサー
ジューサーには高速ジューサーと低速ジューサー(スロージューサー)がありますが、一般的にジューサーといえば「スロージューサー」のことです。
最近はスロージューサーで作ったコールドプレスジュースの専門店をよくみかけるようになりましたね。

ジューサーはミキサーに比べると部品が多くてお手入れが大変ですが、最近のジューサーはお手入れ簡単で食洗器対応のものも増えてきています。以下で紹介するヒューロムのスロージューサーもお手入れが簡単との評判です。

ヒューロム スロージューサーの口コミ評価

ヒューロムのスロージューサーはシリーズ累計8,960,000台突破しており、スロージューサーの中でも圧倒的な人気を誇ります。そんなヒューロムスロージューサーの口コミ(SNS・購入者レビュー)を紹介します。

まずはSNSでの口コミをみてみましょう。

安価なスロージューサーにするかどうか迷ったけど、評判のよいヒューロムにしてよかったとの意見がたくさんありました。ほぼ毎日使うものなので、よいものを買うのが一番ですね。

続いては購入者レビューをみてみましょう。楽天市場でのレビューは352件あり(2019年8月現在)、総合評価は5点満点中4.62と高得点です。しかも星4と星5をつけている人が全体の9割以上なので、とても評判のよい商品であることがわかります。

★ヒューロムH2Yの口コミ(楽天レビューより)

★アドバンスド100の口コミ(Amazonレビューより)

こちらはちょっとサイズが大きいようですが、洗うのが簡単で美味しいジュースが作れると評判がよいですね。

ヒューロム スロージューサーのスペック比較(アドバンスドとH2Y)

家庭用として圧倒的に人気のあるヒューロムのスロージューサー2種類(アドバンスドとH2Y)を比較してみました。

アドバンスド100 H2Y
参考販売価格 49,464円 39,800円
寸法(幅×奥行×高さ/mm) 293×211×462 198×180×401
重量 5.8kg 4.6kg
ドラム容量 350ml 450ml
食洗機対応
スムージーストレーナー
フローズントレーナー

アドバンスド100の紹介動画です↓

H2Yの実演デモを実際に見てきたときに撮影した動画です↓


H2Yでしぼったジュースをその場で飲みましたが、とっても美味しかったです!

アドバンスド100とH2Yの機能はほとんど同じですが、サイズと内部パーツが異なります

サイズはH2Yのほうがコンパクト

サイズはH2Yがコンパクト設計なのに対して、アドバンスド100はやや大きめで重量があります。見た目はアドバンスド100のほうがスタイリッシュでかっこよいと思います。

アドバンスド100のレビューに「それなりにスペースを取るので、小さ過ぎるキッチンには向きません。」と書かれていたので、一般家庭には少し大きいと感じるサイズ感かもしれません。

洗浄のしやすさはアドバンスド100

内部パーツの洗浄に関してはアドバンスド100のほうが簡単です。アドバンスド100は2つのフィルターで搾汁する形状になっており、網目がないため、繊維が詰まらず、水で洗い流すだけでキレイになります。

ヒューロム スロージューサー比較

H2Yは網目状になったステンレス製のストレーナーで搾汁するため、アドバンスド100に比べると洗浄が大変です。とはいえ、レビューでは「ストレーナーの手入れが少々手間ですが、慣れれば大丈夫です」と書いている方が多かったので、そこまで大変ではないと思います。

サイズのコンパクトさを重視するならH2Y、少し大きくても内部パーツのお手入れが簡単なほうを重視するならアドバンスド100を選ぶのがよいでしょう。

ヒューロム スロージューサーH2Yの特長

「ヒューロムスロージューサーH2Y」はシリーズ累計8,960,000台突破したスロージューサーの2019年最新モデルです。

コンパクトサイズ(幅198ミリ×奥行き180ミリ×高さ401ミリ、重さ4.6キロ)になり食洗機が使えます。

ヒューロムスロージューサーH2

刃がなくスクリューでゆっくりと低速回転で搾るので酵素をなるべく破壊せずにコールドプレスジュースが作れます。専用ストレーナーを使用すれば、凍らせた果実を絞ってフローズンデザートを楽しむこともできます。

スロージューサーのスローというのはモーターの回転数がゆっくり(スロー)なだけで、ジュースができるまでの時間はそんなにかかりません。コップ1杯のジュースを絞るのに約1分です。

▼H2Yの部品パーツ。刃がないので、手を切る心配もなく安全に洗浄できます。
ヒューロムスロージューサーH2Y

>>2019年モデル!ヒューロムスロージューサーH2Y

ヒューロム スロージューサーの価格

ヒューロム スロージューサーヒューロム社の日本代理店である『ピカイチ野菜くん』で購入するのがおすすめです。通常のメーカー保証は1年ですが、ピカイチ野菜くんで購入すると5年保証と4年間保証が長くなります。

ほぼ毎日使うものなので、5年の延長保証があると安心ですね!!

ピカイチ野菜くんは日本で唯一ヒューロムスロージューサーのメンテナンス資格を取得しているため、保守点検や故障などのトラブルを解決してもらうことができます。

また、ピカイチ野菜くんでジューサーを購入すると、無農薬・こだわりの野菜フルーツセットが一緒に届きます。なので、ジューサーが届いてすぐにジュースを作ることができます。

ピカイチ野菜くんは公式サイト(本店)のほかにも、楽天市場店もあり、値段は同じですが、公式サイトで買うと無料特典がついていてお得です。

<公式サイト限定の特典>
1.オリジナルファイバーレシピ本1冊
2.無農薬ケール2枚

<価格(税込)>
・アドバンスド100⇒49,464円
・H2Y⇒39,800円

>>ヒューロムスロージューサーアドバンスド100(公式サイト)

>>2019年モデル!ヒューロムスロージューサーH2Y(公式サイト)

一週間以内なら使用後でも返品可能!
ピカイチ野菜くん公式サイト

ショップジャパン年末大セール【MAX75%OFF】

電気圧力鍋クッキングプロ、お掃除用品、トゥルースリーパーシリーズ(寝具)などが最大75%割引となっています。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

キッチン家電
この記事をシェアする
らくらくキッチンをフォローする
らくらくキッチン

コメント

タイトルとURLをコピーしました