PR

ボダム 電動コーヒーミルを使ってみた口コミ・レビュー

Bodum(ボダム)コーヒーグラインダー キッチン家電

BODUMボダム)の電動コーヒーグラインダー(最大容量60g)を紹介します。今までは手動式を使っていてかなり面倒だったので、電動にして快適です。

ボダムの電動コーヒーミルは『コードレス(充電式)』と『コードタイプ』の2種類がありますが、コードレスにしました。コードレスの方が価格が少し高いですが、コードなしで使えるのは快適です!

ボダム ビストロ(BODUM BISTRO)電動コーヒーミル

型番は下記の通りです。
・11160-01RC:コードレス(充電式)
・11160-01JP-3:コードタイプ

カラーは「オフホワイト」と「ブラック」があります。

本記事ではコードレスタイプのブラックについて紹介します。

こちらが本体と付属品一式(充電コード、説明書)です。

サイズは長さ9.4 x 幅8.7 x 高さ16.5 cm。コンパクトで、見た目がスタイリッシュです!

▼正確な回転数で回転する耐久性ステンレス製ブレード

(写真準備中)

充電はタイプCなのでスマホのケーブルなどを同じものを使うことができます。


使い方

充電式の場合は使用前に充電しておきます。 バッテリー残量はLEDランプで確認できます(フル充電時に4つのLEDランプがすべて点灯)。

※充電中は使用できません

使い方はとてもシンプルです。

1.グラインダーにコーヒー豆(最大60g)を入れます(下記写真は20g)

2.蓋をしっかりと閉めます

3.電源ボタン(赤い部分)を押します

ボタンのオン/オフを短く繰り返すか、押し続けて(最大60秒)挽き具合を調整します。

スイッチを押している最中はバッテリー残量のLEDランプが光り、使用のたびにバッテリー残量を確認できます。充電がなくなる前に気づけるので便利です。

▼豆を挽いた状態

4.挽いた豆でコーヒーを淹れて完成!!

挽きたてのコーヒーは美味しいですね!


お手入れ

説明書には「柔らかいブラシでステンレス製容器についた粉を落とし、湿らせた布で拭いてください。」と記載されています。

豆を挽き終わってフタを開けると粉が飛び散りやすいので、フタはシンクなどで開けるのがよいです。

▼使用後にフタを開けた状態

本体は洗浄不可なので、乾いた布やブラシなどで粉を取り除きます。

▼こんな感じでやっています

家にあったハケ状のものを使っていますが、これでほぼキレイになるので、お手入れは簡単です。100均などに売っているもので十分だと思います。

まとめ

充電式はパワー面での心配がありましたが、十分なパワーもあって問題ありませんでした。また、音はとても静かです。

我が家のキッチンはコードをさす場所が少ないので充電式はとても便利です。充電式のほうがコードタイプよりも価格が高いですが、毎日コーヒー豆を挽くことが考えるとコードレスはストレスがなくて快適です!

使用時にはLEDランプが点灯してバッテリー残量の確認ができるので、充電するタイミングがわかりやすいのも便利です。

水洗いができないため、使用後はブラシなどで掃除する必要があります。楽天のレビューでは掃除が結構大変だという声がありましたが、そこまで大変ではありませんでした。

まだ使い始めて2週間なので、耐久性がどれくらいあるかはわかりませんが、今のところかなり満足しています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました