【口コミ・レビュー】クッキングプロを使ってわかった長所・短所を紹介

クッキングプロ 豚の角煮 キッチン用品・調理道具

ショップジャパンの電気圧力鍋「クッキングプロ」が我が家にやってきましたが、とても便利です。火を使わないので安全、柔らかく料理できて骨まで食べられるので栄養満点…とメリットが多いです。

テレビショッピングのように簡単に調理できるのか不安という方のために、本記事では実際にクッキングプロで料理を作っている様子などをわかりやすく紹介していきます!

(本記事はショップジャパン様より商品提供を受けて執筆しています)

クッキングプロとは

1台8役の電気圧力鍋

クッキングプロは、材料を入れてボタンを押すだけで、美味しい料理が簡単に作ることのできる電気圧力鍋です。テレビ通販でお馴染みのショップジャパン(Shop Japan)が販売しています。

電気圧力鍋なので、ガスコンロは使いません。イメージとしては、『圧力鍋の機能をもった炊飯器』のようなものです。

クッキングプロは、圧力調理、蒸し、スロー調理、煮込み、無水調理、炒め、温め直し、炊飯まで、1台で8通りの調理が楽しめます。

▼魚は骨まで柔らかくなり、丸ごと食べられます
クッキングプロ いわしの甘露煮

大きさは幅29×奥行27×高さ30cm。比較的軽いです(3.6kg)。我が家では炊飯器を置いていた場所にクッキングプロを置いています。以前使っていた5合炊き炊飯器よりやや小さいといったサイズ感です。
クッキングプロ

プレッシャーキングプロの新モデル、新旧バージョンの違いは?

クッキングプロは『プレッシャーキングプロ』という人気商品がリニューアルした新モデルです。

プレッシャーキングプロとの主な違いは以下の2点。

  • 6通りの料理⇒8通りの調理(「スロー調理」と「炒め」が追加)
  • 操作ボタンが見やすくなり、押しやすくなった
クッキングプロもプレッシャーキングプロも値段は全く同じなので、今から買うなら、機能が増えて使い勝手も改善されたクッキングプロがおすすめです!

>>1台6役の電気圧力鍋プレッシャーキングプロ(公式サイト)

クッキングプロの使い方

『豚の角煮(圧力調理)』を例として、使い方を紹介します。

説明書にはカラーでわかりやすく使い方やレシピなどが載っています。材料や加熱時間などはレシピに従うだけなので、初心者でも簡単です。
クッキングプロ

※上記の取扱説明書のほかに100種類のレシピが載っているレシピブックもついてくるので、お料理のレパートリーはかなり多いです。

1.内釜に材料・調味料を入れる
クッキングプロ使い方

2.フタを閉めてボタンを押す
「肉・豆」ボタン⇒+、-ボタンで時間を設定⇒スタートを押すと調理開始!
クッキングプロ使い方

料理スタートボタンを押したら、完成するまでは何もする必要がなくほったらかしでOKです。鍋のそばにいる必要がありません。調理が終われば自動でストップするので安全です。

3.完成
調理が終わると終了音が鳴り、終了を知らせてくれます。圧力が下がったら、フタをあけて、詰めて完成です。
クッキングプロ 豚の角煮

我が家ではクッキングプロが来てから、毎日のように使っていますが、使い勝手もよく、簡単に美味しい料理ができて大満足です!

クッキングプロのお手入れ方法

▼パーツは「本体」、「内釜」、「フタ」の3つ。
クッキングプロ

お手入れは内釜を洗うだけ。内釜は焦げ付き防止加工がされているので、食材のこびりつきもほとんどなく、お手入れがすごく楽です。

▼蓋の内側についている内蓋とパッキンは取り外して洗うことができます。
クッキングプロ

こんな人に特におすすめ

簡単に美味しく料理を作りたいと思っている方であれば、どなたにでもおすすめできる商品ですが、特に以下の方におすすめです。

  • 料理初心者の方(簡単で失敗が少ない)
  • 高齢の方(軽い、火を使わないので安全)
  • 小さなお子さんがいる方(時短、簡単調理)
  • 圧力鍋を使うのが怖くて躊躇している(火力調整が不要で静か)
  • 魚の骨まで食べたい(骨まで柔らかくなる)

レビューをみると実家のご両親へプレゼントしている方が結構いらっしゃいました。火を使わないので、火の消し忘れの心配がないのは高齢者家庭にとっては安心ですね。また、普通の圧力鍋に比べると軽くて、お手入れが簡単なので、使うのが億劫でありません。

>>クッキングプロ【ショップジャパン公式サイト】

クッキングプロで調理したレビュー(動画あり)

まだクッキングプロが我が家に来て数週間しか経っていないので、説明書のレシピに載っている料理が中心ですが、これまでに作った料理をいくつか紹介します。

炊飯/お赤飯

クッキングプロで作った最初の料理は「炊飯」。内釜に水量メモリがついているので、炊飯器で炊くのと同じ感覚です。

とても簡単に美味しいご飯が炊きあがりました!
クッキングプロ 炊飯

ごはん2合を調理した場合の電気代はわずか約3円とのこと。圧力調理は電気代がかかるのではないか心配でしたが、これなら電気代を気にする必要もありませんね。

初回は水の量が少なかったようで、やや硬めになってしまいましたが、2回目からは水分を少し多くしたら、ふっくらと炊き上がりました(もち麦を入れても大丈夫でした)。

クッキングプロでふっくらと普通に美味しいご飯が炊けましたが、高性能の炊飯器に比べると正直劣ります。炊飯にこだわりのない方であればクッキングプロでも十分ですが、炊飯にこだわりのあるかたはそこまで期待しないほうがよいかもしれません。

★お赤飯
もち米を使ってお赤飯を炊いてみました。ふっくらとかなり美味しく出来上がりました!
クッキングプロ お赤飯

豚の角煮/手羽先のさっぱり煮

★豚の角煮
30分の加圧調理でトロトロの『豚の角煮』ができました。
クッキングプロ 豚の角煮

自宅で豚の角煮を作ったのは初めてでしたが、お箸で簡単に切れて、とても美味しくできました!

クッキングプロの具体的な操作方法・調理過程は動画に撮影しました↓

★手羽先と卵のさっぱり煮
加圧10分+煮詰め3分で柔らかくなりました。
クッキングプロ

無水カレー

トマトの水煮缶で無水カレーを作ってみました。人参は中まで柔らかくて、濃厚なカレーで美味しかったです。
クッキングプロ 無水カレー

釜がコーティングされていて、それほどくっつかないので、後片付けも楽でした。

さんま・いわしの甘露煮

さんまとイワシで甘露煮を作ってみました。どちらも骨まで柔らかくできました!

★イワシの甘露煮
クッキングプロの説明書に載っていたレシピに従って作りました(量はレシピの半分で作りました)。

鍋に材料を入れて加圧30分、その後約10分煮込んで完成です。
クッキングプロ いわしの甘露煮

加圧は30分ですが、予熱調理や煮詰めたりする時間も含めると、所要時間は全部で約1時間でした。自宅でこんなに簡単にできるものだとは思いませんでした。

調理工程は動画にまとめました↓

里芋の煮っころがし

加圧時間3分で柔らかくなりました。
クッキングプロ 里芋の煮っころがし

調理工程は動画にまとめました↓

煮物/おでん

★おでん
大根はものすごく柔らかくなりました。普通の鍋で作るのに比べると断然楽でした。
クッキングプロ

★大根・人参・厚揚げの煮物
10分の加圧調理で人参が箸で簡単に切れるほど柔らかくなりました。
クッキングプロ 煮物

1台で8通りの調理(圧力調理、蒸し、スロー調理、煮込み、無水調理、炒め、温め直し、炊飯)ができるというのがクッキングプロのウリですが、圧力調理と煮込み料理が特に利用価値が高いと感じています。

>>クッキングプロ【ショップジャパン公式サイト】

クッキングプロを使ってわかったメリットとデメリット・注意点

クッキングプロを実際に使ってみて感じたメリットとデメリットをあげてみます。

メリット

  • 自動調理で火力調整が不要なので簡単!
  • 圧力調理中も音がしなくて静か(怖くない!)
  • 後片付けが簡単(内釜を洗うだけ)
  • 周囲が熱くならない(特に夏場は重宝する)
  • 時短(特に煮込み料理)

以前はガスで使う普通の圧力鍋を使っていたのですが、『重い、調理中の音がシューシューとうるさい、後片付けが面倒…』などの理由で結局使わなくなってしまいました。

今回、クッキングプロを手に入れて、数年ぶりに圧力調理をしましたが、以前使っていた圧力鍋とは比べ物にならないほど使いやすい商品だと感じました。

電気圧力鍋は初めて使いましたが、圧力調理中も蒸気がでないため、とても静かなことに驚きました。

また、軽くてコンパクトな内釜を洗うだけなので後片付けが楽なのも継続できる理由です(以前の圧力鍋は重くて、こびりついたりで洗うのが大変でした)。

デメリット、注意点

今のところ大きなデメリットは感じていませんが、使ってみて気になった点や注意が必要な点について書きます。

「時短」という謳い文句について

例えば、『炊飯6分!』と紹介されていますが、実際にはすべてトータルで約40分かかりました。確かに料理時間自体は6分ですが、予熱や料理後の減圧時間がそれぞれ10~20分かかります(急ぐ場合には、バルブで強制的に減圧することもできます)。

なので、予熱や減圧を含めた全体の時間としては、調理時間+30分程度と考えておくのがよいでしょう。

また、『材料を入れてボタンを押すだけで出来上がり!』みたいな謳い文句で宣伝していますが、ちょっと大げさかなぁと思います。炊飯などは材料を入れてボタンを押すだけで出来上がるのですが、自動調理が終わった後に10分程度煮込みが必要になる料理も結構あります。煮込みと言っても、フタを開けてボタンを押すだけなので、作業自体はほとんどありませんが…。1回ボタンを押したら出来上がり…ではなく、何度かボタンを押す必要があるということです。

「煮込み・炒め」モードは3分固定&火力調整できない

使っていて不可解なことが一つあります。それは「煮込み・炒め」の調理時間が3分に設定されていて変更できないこと。そのため、レシピに『煮込み9分』とある場合、「煮込み・炒め」を3回押す必要があります(3分経つと自動で切れるため)。あえて3分と短い時間に設定してあるのは、長時間煮込みすぎて焦げ付いたりするのを防止する目的なのかもしれません…。

というのも、「煮込み・炒め」は火力調整ができなくて、結構強いです(コンロに例えると中~強火に相当すると思います)。なので、何分もそのまま放置していると焦げ付いてしまう恐れがあります。

「煮込み・炒め」モードで強さの調整ができれば本当に文句なしの商品だと思います。

クッキングプロの口コミ・評判

インターネットでレビュー評価を調べたところ、5点満点中の5をつけている人が多く、満足度が高いことがわかります。「時短で美味しい料理が作れる!」といった感想が多いです。

クッキングプロの口コミ

最新の購入者レビューは公式サイトで確認できます。
>>クッキングプロ(ショップジャパン公式サイト)

電気圧力鍋の比較(ティファールのクックフォーミー、シロカのクックマイスター)

電気圧力鍋はたくさん販売されていますが、有名な「ティファールのクックフォーミー」「シロカのクックマイスター」とクッキングプロを比較してみました。

商品名 クックフォーミー
【ティファール】
クックマイスター
【シロカ】
クッキングプロ
【ショップジャパン】
大きさ 幅38×奥行35×高さ32.5cm

幅22×奥行23.8×高さ24.9cm

幅29×奥行27×高さ30cm

重量 6.5kg 2.7kg 3.6kg
消費電力 1200W 700 W 700 W
容量 6L 2L 3.2 L
内蔵レシピ数 60 8 5
調理コース 4種類 6種類 8種類
価格(税込) 26,994円 13,200円 14,700円

※価格は2019年9月時点

購入者レビューをみると、いずれも評価は高く、美味しく圧力料理ができるのは間違いなさそうです。大きな違いは「サイズ・容量」。最もコンパクトなのがシロカのクックマイスター、大容量なのがティファールのクックフォーミー。クッキングプロはその中間に位置します。

ティファールのクックフォーミーは6人分まで余裕で作れる大きさなので、大家族の場合はクックフォーミーがよいと思います。クッキングプロは4人家族までの利用に向いています。

ティファールのクックフォーミーは一番ハイテクで、60のレシピが内蔵されており、液晶画面に沿って調理できます(レシピブックをみる必要がない)。なので、レシピ本をみなくてもたくさんの料理が作れます。

性能的にはどの商品も優れているので、大きさや内蔵レシピ数などで希望に合った商品を購入するのがよいでしょう。クッキングプロは小さすぎず、大きすぎず、値段もお手頃な電気圧力鍋という位置づけになります。

シャープのヘルシオホットクックも類似品としてよく比較されますが、ホットクックは圧力鍋ではないので、圧力料理はできません。しかし、食材を入れたら、何もしなくて、美味しい料理ができる「自動調理家電」です。圧力鍋は不要で、すべて自動で料理してほしいという目的の場合は、ホットクックがおすすめです!

電話注文とインターネットどっちで買うのがお得?

クッキングプロのテレビ通販では、「番組終了後30分以内に電話注文すると5,000円引き!」というのもやっていますね。テレビショッピングの番組終了30分以内の電話では、『クッキングプロ本体と包丁のセットが14,700円(税抜)』となっています(2019年10月時点)。

送料無料で14,700円(税抜)と、電気圧力鍋としてはかなりリーズナブルな価格帯ですね。

では、インターネットでショップジャパン公式サイトから購入した場合はどうかというと、番組終了後30分以内の電話注文と同じ14,700円(税抜)です。しかし、包丁とのセットではなく、専用レシピブックとのセットとなっています。

ということは、

  • 包丁が欲しい⇒番組終了30分以内の電話注文
  • 専用レシピブックが欲しい⇒インターネットでの注文

ということになりますね。

我が家にあるのは「クッキングプロ レシピ付きセット」です。
クッキングプロ レシピ付きセット【送料無料】

専用レシピブックには、クッキングプロで作れる料理レシピが100種類以上あるので、料理のレパートリーが広がって便利です。

インターネットの場合には、レシピブックとのセット以外にも、

レシピブック+蒸しプレート+落としぶた+4年間延長保証がついた「クッキングプロ パーフェクトセット(税抜19,800円)」もあり、こちらは通常合計よりも3,300円お得です。

ショップジャパン公式サイトでは<39日間返品保証>があるので、使用後でも満足できなかった場合は、39日以内であれば、返品することができます。

使いこなせるかどうか心配という方でも、実際に使ってみて、ダメだと思ったら返品できるというのは安心です。

>>クッキングプロ【公式サイト】

コメント

タイトルとURLをコピーしました