ユニロイのホーロー鍋を使ってみた感想・レビュー

フライパン・鍋

世界一軽いユニロイ(UNILLOY) のホーロー鍋を使い始めましたが、噂通り料理が美味しく出来ます。日本が誇る匠の技術によって生まれた ユニロイの鋳物ホーロー鍋です!

ユニロイの社長・スタッフさんから直接お話をきく機会があったので、そこで聞いてきたことや実際にユニロイ鍋で料理してみた感想を紹介します。

ユニロイのホーロー鍋の特徴

世界一軽い

ユニロイのホーロー鍋の一番の特徴は『世界一軽い』ということです。

22cmのホーロー鍋の重さを比較すると、

ユニロイ 2.7kg
ル・クルーゼ 3.7kg
ストウブ 3.98kg
バーミキュラ 4.2kg

ユニロイは他社のホーロー鍋に比べると1kg以上も軽いです。重いと毎日使う気にはならずにお蔵入りとなったり、インテリア的な置物になってしまいますが、ユニロイの鍋はホーロー鍋としては軽いので、毎日使えます。

薄い

ユニロイの鍋は世界一薄い2mmです。

下記の写真はユニロイとルクルーゼのホーロー鍋の断面図です。これをみるとユニロイ鍋の薄さがよくわかります。

左:ユニロイ、右:ルクルーゼ
(断面図)

薄いということは、熱が伝わりやすくなり、素材が美味しくなるということを意味します。

初めてのユニロイではご飯を炊いてみましたが、ふっくらと美味しく炊き上がりました。もっと使いこなせば料理が美味しくなると実感しました。

側面や底面からムラなく熱を伝えるため、短時間で鍋内を一気に加熱します。食材を入れても温度が下がりにくく、揚げ物はカラッ、麺を茹でるとコシがでます。

さびにくい

ユニロイ鍋の鍋は塗料のフタとの勘合部(フタと合わさる部分)もホーローなので錆びにくいです。他社のホーロー鍋の勘合部はホーローではないので、経年劣化で錆びてきてしまいます。

強度がある

ユニロイは強度のある材料を使っているので、30年使っても大丈夫だそうです(取扱説明書には10年と記載されていますが)。もちろん、何十年も使っていると汚れはついてしまいますが。

他社のホーロー鍋の材料は繰り返し使っていると割れてくることがあるが、ユニロイは強度のある材料なので鉄が割れることがないそうです。

ガス・IH・オーブンもOK!

ガスとIHの両方で使うことができるので、普段はガス使用、パーティーなどでは卓上IHを使用…といった具合にシーン別で使い分けることもできます。

ユニロイはグッドデザイン賞を受賞しているので、そのまま食卓に出せるおしゃれなデザインです。

また、フタをしたままオーブンにいれることもできます。

オーブンで使えるのは便利ですね。でも、焦げ付くのが心配でまだオーブンは使っていません。

プロも愛用する確かな日本の技術

19年連続でミシュランの星を獲得するドイツのスターシェフをはじめ国内外のプロのシェフも愛用しているとのことです。

安心の日本品質ですね!

UNILLOYホーロー鍋のラインナップ

サイズは20cm、22cm、24cmがあります。深さは薄型と深型があり、深型が一般的ですが、パエリアや鍋などには薄型が向いています。

カラーはピンクや黄色など淡いパステルカラーでおしゃれなので、食卓にそのまま出すこともできますね。

ユニロイのホーロー鍋

我が家で使っているのは22cmの深型鍋ですが、意外と大きいので20cmでもよかったかなぁと思っています。

>>ユニロイのホーロー鍋公式サイトはこちら

UNILLOYホーロー鍋を使ってみた感想・注意点

上記のとおり、ユニロイのホーロー鍋にはさまざまなラインナップがありますが、我が家で使っているのは キャセロール深型22cm(くろがね)です。

ユニロイのホーロー鍋
ユニロイのホーロー鍋

くろがね(黒色)が一番人気だそうです。くろがねだけは、ツルツルではなく、少しざらついていて(マットブラック)、焦げにくいつくりになっています。料理初心者の人におすすめです。

くろがねはちょっと地味ですが、汚れが目立たないという点でもよいですね。

フタが取っ手にかけられるように考えられていて、これが意外と便利です。

ご飯がふっくらと美味しく炊けるのはもちろんですが、煮物なども美味しく仕上がります。

特に煮物が美味しくできると実感しています。なので我が家では煮物にユニロイの鍋をよく利用しています。

ユニロイ ホーロー鍋

ユニロイ鍋の注意点としては、

  • 無水料理はやめたほうがよい
  • 22cmでも大きく感じたのでサイズ選びはよく考えて!
  • 世界一軽いといっても、琺瑯なので普通の鍋よりは重い

ルクルーゼなどは無水料理ができますが、ユニロイは完全な無水料理はやめたほうがよいとのことです。無水は空焚きと同じなので、ホーローへのダメージが大きいです。少量の水を入れるのがよいそうです(ユニロイの社長さん談)。

あと、私は他社のホーロー鍋を使ったことがないので気にならなかったのですが、他社のホーロー鍋はユニロイに比べるとフタがピッタリ閉まるようです。そのあたりも気になる方は、よく調べてから購入したほうがよいと思います。

私のようにホーロー鍋デビューの方には、ユニロイは使いやすいので満足できるのではないかと思います。

ユニロイ ホーロー鍋の口コミ

楽天市場の口コミレビューを調べてみると、77件の購入者レビューが投稿されており、5点満点中4.68と高評価を得ています(2020年2月時点)。

ざっくりですが、レビューをまとめてみました。

  • デザインも実用性もよい
  • 思っていた以上に軽くておしゃれ!
  • IH・オーブンの両方に使えるので便利
  • 同じ22cmでも、ルクルーゼやストウブより容積が大きい
  • 野菜スープの人参がほろほろに煮込まれておいしくかった
  • チキンカレーのお肉がホロホロでとても美味しくできた
  • 肉じゃがはフタを閉めて煮込んだら火の通りがはやくてすごく美味しくできた
  • おせちの黒豆が短時間でふっくら柔らかくなった
  • テレビで新潟県三条市の工場で作られているのを見たので信頼できた

  • 思ったよりも重かった。ワンサイズ小さいのにしたほうがよかった
  • 細かいキズがいっぱいあった
  • 焦げることには気を付ける必要がある

思ったよりも重いと書かれているレビューが1件ありましたが、全体的には軽いとの意見が圧倒的に多かったです。ホーロー鍋なので普通の鍋よりは重いですが、他のメーカーのホーロー鍋に比べると軽いです。

たくさんのレビューがあるので、購入前の参考になると思います
ユニロイ キャセロール鍋(楽天市場)

実際に購入する場合は楽天市場ではなく、公式サイトがおすすめです(プレゼント&3年保証があるので)。
UNILLOY(ユニロイ)公式サイト

公式サイトから購入するとオリジナルミトン(2800円相当)がもらえます!

※ユニロイは値下げを一切しない方針なので、どこで購入しても価格は同じです。

ユニロイの社長さんのお話を聞いてきました!

私は今までユニロイという会社を知りませんでしたが、ユニロイは新潟県燕三条にある高品質の鋳物メーカーです。燕三条というと安心感がありますね。

このたび、ユニロイの社長さんやスタッフさんから直接ユニロイのホーロー鍋の特徴や魅力についてお話を伺う機会がありました。

ユニロイ 社長
親しみの持てるユニロイの社長さん

昔は下請け部品メーカーで、自社製品が欲しいと思っていたそうです。そんな矢先にリーマンショックが起きて、売り上げ60%減となり、暇になってしまいました。

そんなときに「フライパンを作ってみないか?」という話があり、作り始めたのが自社製品開発のきっかけになりました。最初は100個中80個が不良品という散々な結果でしたが、とにかくやり続けた結果、新たな仕事が舞い込んできて、仕事が軌道に乗り始めたそうです。

元々部品を作っていたので、薄いものが得意だったとのことですが、社長は「絶対に諦めない。やめることを考えることをやめた!」とおっしゃっていました。

まさに下町ロケットの世界ですね!

本記事ではホーロー鍋を紹介していますが、ユニロイではフライパンも製造・販売しています。

公式サイトで買うのがおすすめです(限定特典あり)

ユニロイの鍋はいつでも値下げはされていないので、どこで購入しても価格は同じです。
※現地工場でのみアウトレット品が少し安くなることはあるそうです

公式サイトで購入するメリットとしては以下の2点です。
(楽天やアマゾンでも購入できますが、以下の特典がありません)

  • 3年間の保証制度(定価の半額で新品と交換)
  • オリジナルミトン(両手分:2800円相当)がもらえる

ホーロー鍋は普通の鍋とはことなり、急激な熱変化により割れることがあるそうです(ヒートショック)。特にIHの4~5は強すぎるので注意が必要です。

うっかり割れてしまった場合など、3年間の交換保証制度があるのは安心ですね。
※3年保証は加入料金として2,500円(税抜) がかかります。

種類やサイズの選び方も公式サイトに載っていますので、チェックしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました