フレーバーストーンの感想・評価とメリット・デメリットまとめ

フレーバーストーン ダイヤモンドエディション6点セット キッチン用品・調理道具

油をひかなくても焦げ付かないフライパンとして評判のフレーバーストーン。四角いスクエア型の『フレーバーストーン・ダイヤモンドエディション』をほぼ毎日使っているので、実際に使ってみた感想をレビューします。

世間の口コミはなかなかよいフライパンですが、テレビショッピングのように本当にくっつかないのか?テレビのは嘘では?…など気になりますね。実際にフレーバーストーンで様々な料理をして検証してみましたので、買うかどうか迷っているという方は是非参考にしてくださいね。

すぐにフレーバーストーンの感想や口コミをチェックしたい方はこちら

フレーバーストーンシリーズの特長

くっつかない、焦げ付かないでおなじみの「フレーバーストーン」は販売累計760万個の大人気フライパンです。 辛口評価で有名な雑誌LDKの2017年フライパンランキングで1位にも輝いた実績もあります。

公式サイトで10,800割引クーポンを配布中です。
>>フレーバーストーン【公式サイト】
雑誌LDKの2019年でも1位のフライパンに選ばれました!
・料理の仕上がりA
・コーティングの耐久性A+
・使いやすさA

の高評価でした。

くっつきにくくて、焦げ付きにくい

独自コーティングを表面に施してあるので、料理がくっつきにくく、焦げ付きにくなっています。くっつきにくいので、油なしでも調理ができて低カロリー、ヘルシーな料理ができます。

▼目玉焼きを油なしで焼いてもツルりと滑ります

繰り返し使っても悪くならない(耐摩耗性 実証済み)

耐摩耗テストで50万回をクリア。優れた耐摩耗性も実証済み(一般財団法人 日用金属製品検査センター調べ)です。

50万回もテストしているなら、ちょっとやそっとのことでは傷つきませんね!

熱伝導が高くて均一に火が通る

多層構造なので熱を均一に届けてムラなく調理することができ、ステーキ、餃子、ホットケーキもきれいに焼き上げることができます。

裏側にあるポツポツは『熱伝導ポイント』といって、熱を通しやすく、弱火でも均一に調理できるしくみです。
フレーバーストーン

省エネ・ガス代節約

熱伝導に優れているため、火加減は中火から弱火でOKです。そのためガス代も節約になります。

保温性が高い

厚手なので冷めにくくて保温性が高く、火を止めたあともアツアツをキープします。賢く余熱調理ができます。

煮込み料理を食卓にそのまま出してもしばらくの間温かさをキープできるなど、保温性の高さは私も実際に使ってみて強く感じました。

各コンロに対応

ガス、電気、セラミック、IHの各コンロに対応しています。

通常のフレーバーストーンとダイヤモンドエディションの違い

上記で紹介した通り、通常のフレーバーストーンもスゴイのですが、最新シリーズの四角い形の「ダイヤモンドエディション」はさらにグレードアップしました。

ダイヤモンドコーティング

フレーバーストーンダイヤモンドエディションは、ノンスティックコーティングの多層構造でくっつきにくく、その名の通り、ダイヤモンド粒子を含むコーティングが施されています。そのため、油をひかなくてもくっつかず、焦げ付きません!

フレーバーストーンダイヤモンドエディション

耐摩耗テストは60万回をクリア(通常のフレーバーストーンは50万回)するほどの優れた耐摩耗性です。

▼チーズをそのままのせて焼いてもくっつきません!

また、くっつきにくいので、汚れをするっと落とすことができて、後片付けが簡単です。

▼キッチンペーパーでサッと拭くだけでOK
フレーバーストーン ダイヤモンドエディション

公式サイトで10,800割引クーポンを配布中です。
>>フレーバーストーン【公式サイト】

使いやすいスクエア型

同じ直径の丸型フライパンと比較すると調理スペースが約1.3倍。スクエア型なので、食材を隅々までしっかり並べることができ、アスパラガスやとうもろこしなどの長い食材も切らずにそのまま料理できます。

フレーバーストーン ダイヤモンドエディション

円型フライパンだと汁やソースを注ぐときこぼれやすいですが、スクエア型フライパンでは角を使うことで、ソースなどのを料理にサッとこぼさず注ぐことができます。

取り外し可能なクイックタッチハンドル

取っ手は取り外し可能なので、

  • オーブンに直接入れてOK
  • お皿代わりにそのまま食卓に出せる
  • 蓋をしてそのまま冷蔵庫で保管できる
  • かさばらないので食洗器もOK
  • 重ねて収納可能。場所をとらない

取っ手は2重ロックになっているので、アツアツの料理を運んでいる最中に取っ手が外れてしまう…などといった心配はありません。

▼我が家の食卓(そのまま出しても違和感なく、温かい状態を維持できます)
フレーバーストーンダイヤモンドエディション

▼我が家の食器棚(かさばらないのでお皿と一緒に収納できます)
フレーバーストーン ダイヤモンドエディション収納

フライパンがお皿のように収納できるのは予想外に便利です。

フレーバーストーン ダイヤモンドエディションで調理したレビュー

6点セットについていたリュウジさん監修(フォロワー9万人の大人気料理のお兄さん)のレシピブックなどを参考にしながらフレーバーストーンで日々料理をしています。

▼リュウジさん監修のレシピブック
リュウジさん監修レシピブック フレーバーストーン

▼やきそば
フレーバーストーン 焼きそば

▼肉じゃが
フレーバーストーン 肉じゃが

実際に作った料理は以下の記事にもまとめました(動画付き)。

フレーバーストーン ダイヤモンドエディションを使ってみた私の感想

よかった点

  • 油なしでもくっきにくい⇒ヘルシー
  • 食材がくっつきにくい⇒汚れが少なくて洗い物が楽
  • 食卓にそのままだせる⇒お皿が不要、熱い状態で食べれる
  • かさばらない⇒食器棚に重ねて収納できて便利
重さはディープパンが785g、ソテーパンが715g。重いと感じることはなく、力のない女性でも普通に使えますよ!

イマイチの点

  • ハンドルを外さないと蓋が完全に閉まらない
  • 弱火~中火使用⇒温まるのに時間がかかる

ハンドルをつけたままでも蓋は閉まりますが、こんな感じで完全には閉まりません。完全に閉める場合は取っ手を取る必要があります。取っ手の取り外しはそれほど面倒でもないので、許容範囲です…。
フレーバーストーン ダイヤモンドエディション ディープパン

総合的に評価すると

私が実際に使ってみて感じたフレーバーストーンダイヤモンドエディションの評価は◎です。

『油を引かなくてもひっつかない』というのがウリのフレーバーストーンですが、実際に使ってみると、『熱伝導率のよさ・保温性・かさばらない・そのまま食卓に出せる』などひっつかない以外の便利さも大いに感じています。

公式サイトで10,800割引クーポンを配布中です。
>>フレーバーストーン【公式サイト】

フレーバーストーンを使いだしてから3か月がたちました。我が家では特にソテーパンの使用頻度が多く、ほぼ毎日のように使っています。今まで使っていたフライパンは全然使わなくなりました。

フレーバーストーン ダイヤモンドエディションの口コミ・評判

購入者レビューなどの世間の口コミとしては、下記のような高評価が多いです。

  • 油を使わないでもひっつかないで焼ける
  • 調理したまま食卓に出せる⇒見栄えも良くて、洗い物も減った
  • お鍋として煮物にも使えて便利

▼ストーブの上で煮込み料理をする人もいます(このような使い方はNGだと思いますが…)

※下記は2019年3月現在の楽天市場での口コミより抜粋しました。

評価の高い口コミ

お肉が美味しく焼けて四角が使いやすい
お肉がとても美味しく焼けます。ティファールや他のコーティングされたフライパンを使っていましたがお肉が煮える様な焼き方になってしまうのが嫌でした。このフライパンは油をひかずに石焼きの様に美味しく焼けます。野菜もすぐに美味しそうな焼き色がつけられます。トウモロコシを薄皮をつけたまま丸ごと、アスパラガスも1本まるまる茹でられます。
四角って使いやすい
フライパンだけの機能だけでなく深さもあるのでおでんやお鍋にもぴったり。作りたかった卵焼きも大きく出来て買ってよかったです。
なかなかのスグレモノ
四角いのでそのままテーブルにもおしゃれ! オーブンも使えるし 収納場所もコンパクトでお気に入りです
使いやすい!
四角いフライパンってどうなの?と思っていましたが、なかなかいい感じ~♪ 周囲が直線だから料理した物を取り出しやすいし、角を使ってソースとかもかけやすい。深型の方はすき焼きなどの煮込みにも使えて便利! 表面もスルッとしていてこびりつきもなく洗いやすい。
油は使わない
まず、一番最初は目玉焼きを油なしで作ってみました。きれいに出来ました。次は鶏肉の照り焼き、焦げずに出来ました。やはり油なしで焼けるのは大きいと思います。お手入れも簡単だし、ちょっと重いかなと思うぐらいです。

評価の低い口コミ

目玉焼き、くっつくけど…
目玉焼きがオイル無しでもフライパンを揺らせばツルツルと剥がれ焼ける と言われてますが…全然そのように焼けませんでした。1度目は温度がまだ低いうちに焼いてしまったのかと思い、2度目はちゃんと温めてから玉子を落としましたがフライパンを揺らしてもツルツルとはいきませんでした。結局フライ返しで剥がしました。
ふたが残念
ふたは改善したほうがいいと思います。ふたを開けたとき、水が必ずこぼれるし、フライパンがいいだけにとっても残念です。

目玉焼きは水を入れなければ、ツルっと剥がれますが、水をいれて蒸した場合はフライ返しや箸が必要です(私の場合ですが)。ただ、普通のフライパンに比べるとかなりくっつきにくいです。

フレーバーストーンの寿命は?

我が家にフレーバーストーンが来てからまだ間もないので、寿命はわかりません。そこで、SNSを調べてみたら、実際に何年も使った人の投稿がありました。それによると、2年位はひっつかずに使えるとの口コミが多いです。

毎日使っていると2年半くらいでひっつくようになったとの声があるので、頻繁に使っても2年はもつと考えてよいのではないでしょうか。

長く使うための注意点(公式サイトより)
1.強火で使用しない(弱火~中火がおすすめ)。
2.調理後すぐに冷水に浸けない。
3.金属製の調理道具は使わない(コーティングを傷める)。
4.ディープパンとソテーパンを重ねる際は収納マットを間に敷く(傷を防ぐ)。

フレーバーストーンとティファールの比較、セラフィットは?

『くっつかない・焦げ付かない』ことで有名なフライパンとしては、フレーバーストーンの他にティファールとセラフィットがあります。

セラフィットはセラミック加工されたフライパンですが、景品表示法違反で消費者庁より措置命令が出されていたり、ネットでの評判もよくありません。そのため、セラフィットについては除外し、フレーバーストーンとティファールについて比較してみました。私も以前はティファールを愛用していた時期もありますが、ティファールもよいフランパンだと思います。

ハンドルの着脱、オーブン使用、食洗器使用などについてはフレーバーストーンもティファールも対応しており大差はありません。大まかに違う点を下記の表にしました。

商品名 フレーバーストーン ダイヤモンドエディション ティファール インジニオ・ネオ ルビー・エクセレンス
大きさ 内径 (約)22cm
・ディープパン:高さ7.4cm
・ソテーパン:高さ4.5cm
・内径22cm:高さ4.6cm
・内径26cm:高さ4.6cm
コーティング ダイヤモンドコーティング、ノンスティックコーティング チタン・エクセレンスコーティング
返金保証 30日間返金保証(公式サイトのみ) ×
価格 21,384円(クーポンで10,800円引き⇒割引後10,584円 14,040円
セット内容 6点(ディープパン、ソテーパン、ハンドル、ガラス蓋、収納マット、レシピ本) 3点(26cm、22cm、取っ手)

大きな違いとしては、フライパンの深さがあげられます。ダイヤモンドエディションのディープパンは高さが7.4cmもあるので、これ一つで煮込みや鍋料理までできてしまいます。深さのあるフライパンは1つあると重宝するということを使ってみて実感しています。

深さのあるフライパンも欲しいという方はフレーバーストーン、深さよりも大きいフライパンも欲しいという方はティファールを選ぶのがよいのではないかと思います。

フレーバーストーンのまとめ

油を使わなくても焦げ付かないフライパンとして有名なフレーバーストーンですが、実際に使ってみると確かに焦げつきませんでした。それだけでなく、熱伝導率がよいこと、食卓にそのまま出せること…など使ってみるとその便利さを思った以上に感じました。

フレーバーストーンはこんな人におすすめ

  • くっつくフライパンにストレスを感じている
  • なるべく油を使わずヘルシーに料理したい
  • 洗い物を減らしたい

一方、フレーバーストーンは強火で使うと長持ちしなくなるので、「強火でガーっと思いっきり炒めたい!」という人には不向きです。

スクエア型なら豪華スペシャル6点セットがお得!

フレーバーストーン ダイヤモンドエディションは単品購入もできますが、6点セットで買うのがお得です。

  • エクストラディープパン(幅23.5×奥行23.5×高さ7.4cm)
  • マルチソテーパン(幅23.5×奥行23.5×高さ4.5cm)
  • ハンドル
  • ガラス蓋
  • 収納マット
  • スペシャルレシピブック

▼豪華6点セット
フレーバーストーン ダイヤモンドエディション6点セット

▼収納マットを使うことで重ねても傷つけずに収納できます
フレーバーストーン ダイヤモンドエディション

上記6点セットは通常価格19,800円ですが、ダイレクトテレショップ公式サイトでは10,800割引クーポンを配布中です。クーポンを使えばほぼ半額で購入できてしまいます。

>>フレーバーストーンダイヤモンドエディション【公式サイト】

丸型ならグランド4点セットがお得!

従来型の丸いフレーバーストーンを購入する場合は、4点セットがお得です。

  • ソテーパン(幅24×深さ4cm×重量900g)
  • ディープパン(幅24×深さ7cm×重量960g)
  • キャセロールパン(直径24cm×深さ9cm×重量1040g)
  • ガラス蓋
  • レシピブック

上記4点セットは通常価格23,940円ですが、ダイレクトテレショップ公式サイトでは9,000割引クーポンを配布中です。

>>フレーバーストーングランド4点セット【公式サイト】

購入後、商品が気に入らなかった場合には、30日以内であれば、使用したあとでも返品返金できます。ただし、返品返金はダイレクトテレショップ公式サイトで購入した場合のみ可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました