キッチンダスターとは?プロも愛用する衛生的な台ふきん

キッチンダスター キッチン用品・キッチン道具

ふきんは濡れた状態にしておいたり、しばらく使っていると匂いが気になりますね。そんな悩みを解決するのが、キッチンダスター。薄手ですぐ乾くので繰り返し使っても衛生的です。1枚当たりの単価も安いので汚れたら気軽に使い捨てできます。

ダスター(キッチンダスター)とは?

ダスターとは飲食業界で使われている用語で、テーブルを拭くふきんのことを言います。ファミレスなどで働いた経験のある人ならお馴染みだと思います。フードコードのテーブルなどにもよく置かれていますね。

ダスターは業務用として販売されているものが多く、ドラックストアやスーパーのキッチンコーナーではあまりみかけることがありません。

ただ最近は一般の人でも使う人が増えており、Amazonなどのネット通販、無印良品、100円ショップのセリアなどで購入することができます。

我が家で使っているキッチンダスター&使い方

我が家では「ストリックスデザイン カウンタークロス」というダスターを使っています。Amazonでも大人気の商品で、もっとも定番のダスターです。楽天などでも売られていますが、Amazonのほうが安いです(100枚で1,600円、2019年4月7日の情報)。1枚あたり10円ちょっとです。

ストリックスデザイン カウンタークロス 100枚入 ブルー
ストリックスデザイン(Strix Design)
カラーはブルー、グリーン、ピンク、ホワイトの4色

色は4色ありますが、うちで使っているのはブルーです。

100枚入りの大容量

業務用なので100枚入りです。100枚はかなり多いので、惜しみなく使えます。実家にあげたり…しても1年以上持ちます。

1枚ずつ取り出しやすい簡易包装パッケージです。ティッシュボックスと比べてこの大きさです。
キッチンダスター

広げたときのサイズは約300×610mm。
キッチンダスター

ふきんとして使うときは、こんな感じで折りたたんで使っています。
キッチンダスター

薄くてすぐ乾くので衛生的

ダスターを拡大するとこのようになっています。
キッチンダスター

素材は「レーヨン、ポリエステル」。イメージとしては布と紙の中間のような肌触りです。ハサミでカットすることはできますが、簡単に破れたりちぎれたりする心配はありません。

布のふきんと比べると薄いので、乾くのが早いです。薄手ですが破れにくく、洗って繰り返し使用できます。煮沸や漂白剤もOKです。洗濯機で洗っても全く破れません。

単価が安いので、我が家では煮沸消毒などはせずに汚れたら廃棄してしまいます。最初は食器拭きや台拭き用のふきんとして使って、汚れてきたら雑巾として使い、その後に廃棄…といった流れです。

吸水性もありますが、薄いので布のふきんに比べると吸水性は劣ります。過度な吸水性を期待しないほうがよいでしょう。

ふきん以外の用途にも使える

食器の下に敷いたり、引き出しの中に敷いたりもしています。
キッチンダスター

ハサミで好きな大きさにカットすることもできますよ!

キッチンダスターの評判

評価の高い口コミ

評価の低い口コミ

低い評価としては、『薄い』や『小さい』が理由にあげられています。大きさを確認してから購入するよう気を付けましょう!

口コミは100件以上あるので、Amazonでチェックしてみてくださいね!

ストリックスデザイン カウンタークロス 100枚入 ブルー
ストリックスデザイン(Strix Design)
カラーはブルー、グリーン、ピンク、ホワイトの4色

コメント

タイトルとURLをコピーしました